WEBというものは、これからも確実に利用され続けるものです。ですから、積極的に勉強しておくことです。
WEB上で利用できる3D技術の紹介
WEB上で利用できる3D技術の紹介

WEBというものは確実に

WEBというのは、ワールドワイドウェブのことです。要するにインターネットであると理解しておいて良いです。もちろん、定義的には細かいことを言うと違うのですが、とりあえずそうした理解でよいです。こうしたサービス、技術というものは、まだまだ世界に広がる余地があります。馬や車、船、飛行機という移動手段が情報伝達手段として活躍することによって、世界の距離を縮めることができたわけですが、インターネットは物を運ぶことはできませんが、情報を恐ろしい速さで運ぶことができるようなり、世界は事実上、情報差がなくなることになったのです。こうした技術は実に素晴らしいものであるといえます。もちろん、ごく僅かな情報差はあります。例えば、ニューヨークの株式市場が暴落したとしてもその瞬間に世界に波及するわけではないです。しかし、数分後にはその情報が世界中を駆け巡ることになります。

インターネットというものは、様々なことに使うことができます。主に情報伝達に使うのですが、これにより貿易の情報もかなり早く伝達することができるようになり、何よりもスピーディーに取引することができるようになったのです。これはとても凄いことなのであり、様々な人に富をもたらしたわけですが、逆に人々から時間を奪ったものでもあります。つまり、とにかく情報が早く伝わることになり、忙しくなったのです。功罪はありますが、それでも功のほうが大きいことは確かであるといえます。

もう一方のJavaScriptは、そのHTMLを加工・操作したり、またはHTMLそのものを出力したりすることが出来るスクリプト言語と呼ばれるものになります。いわゆるプログラムと思っていただいても問題ありません。これもテキストエディタがあれば、基本的にはコードを記述していくことができるのですが、開発用のツールも沢山存在するので、基本的にはそれらを使って開発をしていくことになると思います。これらを組み合わせることで、動的でインタラクティブなWEBサイトを構築していくことができるようになります。

関連サイト